Wave.video

動画にパスワードをかけて保護する

パスワードでビデオを保護ビデオを見る人をコントロールする。Wave.videoのプロジェクトに追加されたプライバシーを活用しましょう。

ベストバリュービデオマーケティングソフトウェア

Waveのおかげで、コストを大幅に増やすことなく、顧客のためのソーシャルメディアマーケティング活動に動画作成を加えることができました。顧客も私も非常に満足しています。
5 starssocial media
Andrew M.

アンドリュー・M

マーケティング&アドバタイジング担当 オーナー

パスワードで動画を保護する方法

  • ステップ1.Wave.videoのホスティングに動画をアップロードします。

    ステップ1.Wave.videoのホスティングに動画をアップロードします。

    パスワード保護したい動画を選び、Wave.videoにアップロードします。Wave.videoエディターを使えば、ビデオのホスティングも簡単です。

  • ステップ2.パスワード保護をトグルする

    ステップ2.パスワード保護をトグルする

    動画のパスワード保護機能をオンにします。パスワードを設定し、それとともに表示するメッセージを選択します。視聴者がパスワードを入力する時間になると、メッセージが表示されます。

  • ステップ3.動画を視聴者と共有する

    ステップ3.動画を視聴者と共有する

    ビデオをウェブサイトやブログに埋め込むか、ビデオのランディングページを視聴者と共有します。視聴者は、ビデオコンテンツの視聴を継続するために、パスワードを入力する必要があります。とても簡単です。

Wave.videoで動画をパスワードで保護する理由

  • さまざまなレベルのプライバシーをコントロール。ビデオを見ることができる人を定義する。信頼できる人にだけパスワードを教える。機密映像の閲覧を制限する。
  • 効率よくリードを集める。リードを収集する手段として、ビデオのパスワード保護を使用します。ゲート付きのビデオコンテンツを作成し、ニュースレターへのオプトインや登録フォームへの入力が完了した後にのみ、パスワードを提供するようにしましょう。
  • 動画を収益化するビデオにパスワードを設定することは、ビデオコンテンツを収益化するための素晴らしい方法です。お金を払った人だけに動画にアクセスできるようにしましょう。