close menu

動画にテキストを追加する。知っておくべきことすべて [+無料テンプレート]|日本郵船

Add Text to Video

初出:2018年9月28日2019年8月26日に更新しました。

マーケティングビデオにテキストやキャプションを追加することを選択する企業が増えていますが、それには十分な理由があります。キャプションやサブタイトルのある動画では、80%以上の人が 動画全体を視聴しています。毎日、何百万ものビデオが制作され、インターネット上にアップロードされています。

動画にテキストを追加することは、これを確実に実現する方法の1つです。以下では、テキストを動画にする流行に乗るべき理由のリストと、人気のある3つの動画ツールのレビューを詳しく説明します。では、さっそくご覧ください。

なぜ動画にテキストを入れるのか?

多くの人が動画を音を消して見ています。TwitterやFacebookなどの主要なソーシャルプラットフォームの動画の大半は、音を消して視聴されています。視聴者に確実にメッセージを伝えるには、ビデオにテキストを追加するのがよいでしょう。

Add text to video

動画に文字を入れることで、誰にでもわかりやすいコンテンツになります。世界には3億5千万人の聴覚障害者がいますが、動画にテキストを入れることで、その人たちがコンテンツにアクセスできるようになります。

また、英語を母国語としない何百万人もの人々が、映像の中のテキストを翻訳する機会を得られるので、アクセスしやすくなります。また、早口で話されると言葉を理解できないかもしれませんが、文字で書かれたテキストでは足りないものを拾うことができます。

Confused girl

動画内のテキストは、SEOの向上にも貢献します。テキストは、人々がオンラインであなたのビデオを見つけることを容易にするため、SEOを高める。検索エンジンは、ビデオを「見る」ことはできませんが、テキストを探すためにクロールします。キャプションを追加することで、特定のキーワードや用語で検索している人たちが、あなたのビデオを利用できるようになるのです。動画にテキストを追加してSEOを向上させるためのヒントは以下をご覧ください。

テキストは、ビデオの再生が始まる前に、人々をそのビデオに引き込むことができます。正しい方向へ導く言葉がない場合、人々がビデオを見て、何が起こっているのかを理解するのに非常に時間がかかります。ビデオの冒頭にテキストを配置することで、視聴者を素早く惹きつけ、スクロールしてビデオを通り過ぎるのを防ぐことができるのです。

テキストはユーザーの興味を長く引きつけるので、動画の視聴時間も長くなります。

また、テキストは 視聴時間を40% 増加させます。考えてみてください。テキストはユーザーの興味を引き、視聴時間を延長させます。さらに、ビデオを見るのとテキストを読むのとでは、より多くの時間がかかるので、自動的にビデオに余分な時間を費やすことになるのです。つまり、Win-Winなのです。

ビデオにテキストを追加して検索エンジンのランキングを上げることができます。

先ほども言ったように、検索エンジンは動画を見ることはできませんが、テキストを読むことはできます。したがって、あなたはそれがあなたのメッセージから離れることなく、できるだけ多くのテキストをあなたのビデオに追加したい。これを行うための一つの方法は、あなたのウェブサイト上であなたのビデオのトランスクリプトを配置することです。

トランスクリプトとは何ですか?

トランスクリプトとはビデオの中で話されている内容を文章化したものです。検索エンジンは、トランスクリプトを簡単に見つけ、コンテンツをインデックスし、それに応じてあなたのサイトをランク付けすることができます。これは、ビデオのタイトルや説明文だけに基づいてサイトをインデックスさせるよりもはるかに効果的です。

トランスクリプトとは、ビデオの中で話されている内容を文字にしたものです。

3playmediaによると、"トランスクリプトを追加する前と後の37のウェブページを比較したところ、トランスクリプトを追加したページは、追加前に比べて平均16%増の収益を得た "という調査が行われたそうです。

キャプションの追加

SEOを向上させるもう一つの方法は、動画にクローズドキャプションを追加することです。これらは、クローズドキャプションが検索エンジンが読むことができるテキストファイルであるため、検索エンジンもインデックスしてランク付けすることができるという利点があります。つまり、クローズド・キャプションがある動画は、ない動画よりも上位にランクされることになります。

クローズドキャプションがある動画は、ない動画よりも上位に表示される可能性があります。

PlyMedia社の調査によると、キャプション付きの動画は、キャプションなしの動画に比べて再生回数が40%多く、キャプションがある場合、視聴者が動画を最後まで見る確率は80%であることが分かっています。

ビデオとそのトランスクリプトを作成する際に、キーワード戦略を念頭に置いておくことは間違いありません。キーワードはSEOに非常に重要なので、これは見過ごせないものです。

Wave.videoで動画に簡単にテキストを追加できます。

今すぐ試す

動画にテキストを追加する際の注意点

文字の大きさ

読みやすい大きさでありながら、動画の中で紹介されている重要な情報の邪魔にならない大きさであることが必要です。動画はモバイル端末で視聴される割合が大きいので、小さな画面を意識してさまざまな文字サイズを試してみるとよいでしょう。

大きすぎる文字でなければ、通常は大きな文字がよいでしょう。スマホで動画を見てみると、自分の目で確認できますよ。

しかし、動画が視聴される可能性のあるさまざまなプラットフォーム用に、異なるデザインを作成することは問題ありません。ただし、画面の大きさによって、最適な文字サイズは異なります。

文字色・フォント

同様に、テキストの色とフォントスタイルも非常に重要です。どちらもあなたのブランドとマッチしている必要があります。もし、あなたのウェブサイトの色が落ち着いているのであれば、おそらくビデオで超大胆なプリントを使いたくはないでしょう。

フォントのスタイルも同様です。フォントスタイルも同様で、邪魔にならない程度に明瞭であることが望まれます。また、ロゴマークやサイトのブランディングとうまく調和している必要があります。

動画に表示するテキストの色やフォントのスタイルは、ブランドとマッチしていることが非常に重要です。

色とフォントのスタイルは、あなたのビデオのトーンを反映する必要があります、すなわち:あなたのビデオは深刻でプロであることになっている場合は、超抽象、芸術的なフォントを使用する必要はありません。

テキストの配置

動画にテキストを追加する場合、テキストの配置は重要です。この点があまり重要でないのは、何もない背景の上にテキストを配置する場合だけです。しかし、グラフィックスやアニメーションと組み合わせて使用する場合は、画面のどこにテキストを表示させるかについて、時間をかけて考える必要があります。誤って誰かの顔を覆ってしまったり、製品やビジネスのロゴの半分を覆ってしまったりしないようにしましょう。

ここでは、背景のビデオ/画像に応じてビデオにテキストを追加する方法をいくつか紹介します。

オプション1.画像にテキストを回り込ませる

Add text to video beside the object

オブジェクトを片側にずらした場合、オブジェクトの横の空きスペースにテキストを配置します。ロゴは右上/左上に入れることができます。

オプション 2.トーキングヘッド・ビデオ

Add text to video talking head

トーキングヘッドビデオを編集するときは、画面の下部にテキストを追加してください。そうすれば、ビデオの主役であるはずの話し手を邪魔することはありません。ロゴは、画面の上部の隅のいずれかに行くことができます。

オプション3.移動する物体

Add text to video object

もし、かなり中央にある動く物体を見せるのであれば、テキストが動画全体を通してそこに留まらない限り、テキストをこの物体を挟んで配置しても構いません。こうすることで、視聴者の注意を映像とテキストの両方に集中させることができます。特に、ハッシュタグや日付、ウェブサイト名などをフィーチャーする場合に効果的です。

タイミング

動画にテキストを入れるとき、画面上にテキストをどのくらい残すべきでしょうか?人々がそれを読むのにどれくらい時間がかかるのか?これらの問いに対する答えは、簡単ではありません。

もちろん、人によって読む速度は異なるので、一概に「これだ」という答えはありません。消費者がテキストを素早く読み、処理できると仮定しても、ビデオを見ながら他のもの、例えばバックグラウンドで起こっているグラフィックスやアニメーションを取り込もうとしていることを考慮することが重要です。そのため、数秒の余裕を持たせても問題ありません。

とはいえ、読むのにあまり時間がかかっても困るのでテキストは重要な情報を強調するためにだけ使うようにしましょう。言葉ではなく、画像でストーリーを伝えましょう。

言葉ではなく、イメージで伝える。

タイミングを試すのに最適なのは、モックアップビデオをいくつかまとめて、実際の人にテストすることです。そして、彼らが時間内に情報を読み、処理することができたかどうかについてのフィードバックを得ることです。

これらのツールでビデオにテキストを追加することの長所と短所。Wave.video、Vont、iMovieを使用した場合の利点と欠点

さて、動画にテキストを追加するにはどうすればよいのでしょうか。この作業を手助けしてくれる3つの素晴らしいツールを見てみましょう。

フォント

Add text to video with Vont

App StoreおよびGoogle Marketで入手可能です。

長所

  • 非常に使いやすい - 私はこのアプリをかなり簡単に理解することができました。
  • たくさんのフォントから選ぶことができ、アルファベット順に表示されるので、探しているものがわかっていれば、特定のフォントを簡単に見つけることができます。
  • 色やスタイルはカスタマイズ可能で、動画にテキストを追加する際にも簡単に選択できます。
  • 下部のスライドバーを使って、映像の特定の場所にテキストを配置するのが非常に簡単です。
  • テキストメッセージ、Eメール、Facebook、Dropbox、iMovieなど、さまざまな場所にビデオを簡単に保存して書き出すことができます。

短所

  • 小さな画面では非常に邪魔になる上部の広告
  • デザインを作るのは簡単ですが、何が良いのかのアイディアは得られませんので、グラフィックデザインの知識が必要です。フォントのサイズやスタイル、色、配置を決めるのはすべて自分自身なので、もしあなたが芸術家でないなら、困ってしまうかもしれませんね。
  • 文字の移動や傾き、大きさのカスタマイズをもっと簡単にできるようにしてもいいような気がします。インスタグラムでは、指だけで全部できてしまうので、このアプリではそれをずっと試していました。
  • その代わり、ボタンをクリックして、比率やスライドバーを使って物を移動させなければなりません。必要以上に複雑に思えますが。
  • 多くのレビューで、使用中にアプリがクラッシュする問題があると書かれていました。私は経験しませんでしたが、明らかに他の人が経験しています。

iMovieでビデオにテキストを追加する

Add text to video with iMovie

長所

  • iPhoneではすでにダウンロードされているので、アプリストアに探しに行く必要はありません。
  • また、映画の予告編を作ることも可能です。
  • カメラロールやデスクトップに保存されている写真やビデオを簡単に選択することができます。
  • 選択された複数の動画を自動的につなぎ合わせ、クリップ間にトランジションを追加する。
  • フィルター、背景テーマ、音楽、フェード、速度変更などのオプションを追加可能

短所

  • アップルユーザーのみ使用可能なので、アンドロイドは運がない
  • 初心者には使い勝手が悪い!設定メニューから「テーマ」を選択しても、動画が全く変化しない。このテーマを追加するために、他に何をすればいいのかが分からなかった。
  • テキストを追加するオプションは、アプリのどこにもありませんでした。実際、その方法をググってみたところ、出てきた検索結果の大半は、初心者には複雑すぎる、別のアプリを使ったほうがいいというものでした。Vontでテキストを追加するのがいかに簡単であったかを考えると、これは良くないことです。
  • アプリでテキストを追加する方法が分からなかったので、デスクトップ版に切り替えました...私の携帯電話にあるものとは全く別のプログラムのようです。この2つのアプリはiMovieと呼ぶことができるのかさえ分かりません。

デスクトップ版のiMovieにはもっと多くのオプションがあり、使い方はもっと複雑です。熟練したオーディオ制作者にとっては、素晴らしい選択肢になるのではないでしょうか。

デスクトップでは、動画にテキストを追加するために必要なボタンがすぐに確認できたのが良かったですね。

Wave.videoで動画にテキストを追加する

Add text to video in Wave.video

ここでは、Wave.videoで オンラインビデオにテキストを追加する方法を紹介します。

  • 多くの既成のテンプレートから選べるので、嫌ならゼロから始める必要はない
  • また、自分の写真やビデオを入れたくない場合は、ロイヤリティフリーのビデオクリップを挿入できるオプションも多数用意されています。
  • このツールには、Instagram、YouTube、Facebookの3種類のフォーマットがあらかじめ設定されているので、これらのプラットフォームに投稿する予定がある場合は、動画を最適化することがとても簡単にできます。
  • テキストを追加する」という明確なボタンがあるので、動画に好きなテキストを追加するのはとても簡単です。
  • また、ビジネスロゴやウォーターマークを追加できるセクションもあります。
  • 動画の制作が終わったら、そのままパソコンにダウンロードするか、ソーシャルメディア、DropBox、Vimeoなどに自動的に共有するオプションが用意されています。

動画にテキストを追加する方法:テンプレートとサンプル

あるWebセミナーで、ユーザーから「テキストを多用した動画を作るにはどうしたらいいか」という質問がありました。

この質問は些細なことではありません。動画にたくさんのテキストを入れる必要がある場合もありますし、読みやすく、魅力的なテキストにしたいこともあります。あなたはこのタスクにどのようにアプローチしますか?

ここでは、テキストを多用した動画を作成する際に実践できそうなヒントをいくつか紹介します。

1.無地の背景にこだわる。

大きな文字の塊は、動画では圧倒されるように見えます。ごちゃごちゃした背景にテキストを配置して、物事を複雑にしたくはないでしょう。代わりに、プレーンな背景のために行く。

色のついた背景、抽象的な作品、軽くてきれいな画像・動画などが効果的です。

このテンプレートを編集する

2.文字が画像の邪魔にならないようにする

写真や動画を背景にする場合は、ある程度自由な空間があるものを選びます。空、海、野原など、「自由な」面にテキストの塊を配置します。こうすることビデオに追加したテキストがはっきりと読めるようになります。

以下の例では、テキストが画像の空いている、あまり散らからない部分に配置されていることに注目してください。

How to add text to video: examples of text-heavy videos

この点、背景画像はコンテキストを追加し、テキストを補完するものです。画像の空いている部分にテキストを配置しても、メッセージははっきりと読み取れるはずです。

ここでは、ビデオによる例をご紹介します。

このテンプレートを編集する

3.文字色と背景色を合わせる。

動画にテキストを追加する場合、テキストが目立つようにすること。同時に、動画の背景との相性も良くしたいものです。背景とテキストの色を合わせるか、コントラストをつけるか、どちらかの方法でこれを実現します。

例えばこの動画では、テキストの青色と背景がマッチしており、統一感のある動画に仕上がっています。

このテンプレートを編集する

プロからのアドバイス:色を正確に知るためには、Eye Dropperのようなツールを使いましょう。これはChromeの拡張機能で、ピペットを使ってあらゆるウェブページから色を選ぶことができます。

もうひとつのアイデアは、テキストの色にコントラストをつけることです。明るい背景に暗い色のテキストを配置し、その逆も同様です。暗い背景に明るい黄色のテキストが読みやすく見えることに注目してください。

Add text to video: contrasting background

4.重要な単語を強調表示する。

あなたがあなたのビデオに多くのテキストを追加した場合、それはあなたの視聴者がメインアイデアを把握することが困難な場合があります。また、彼らはメッセージを読むために、この唯一の時間を持っています。

ビデオの中で重要な事実や言葉を強調することによって、視聴者がテキストの内容を理解しやすくします。あなたが強調したいかもしれないもののいくつかのアイデア。

  • 年月日
  • 計数
  • 統計情報
  • 略語
  • 視聴者にとって重要なキーワード

ここでは、そのような映像の例を紹介します。ハイライトされた部分によって、テキスト全体が理解しやすくなっていることに注目してください。どこに注目すればいいのかが瞬時にわかるという感じです。

このテンプレートを編集する

お先にどうぞ

どのツールを使うかに関わらず、ビデオにテキストを追加することは、オンラインコンテンツマーケティングの重要なステップです。多くの企業が取り組んでいるので、取り残されないようにしたいですね。動画にテキストを追加する際に、どのような経験をされましたか?何か役立つヒントがありますか?下のセクションにコメントしてください。

Add text to video: everything you need to know

これからもよろしくお願いします

私たちの記事を最初に読んだ5,000人のマーケターに加わります。